現在のページ : トップページ

生命保険にかかる税金

死亡や怪我、病気をした時の、経済的な負担を軽減するためには、生命保険に加入するのもひとつの選択肢です。
そういった目的で、生命保険の商品や会社を選んだり、契約を取り交わしたりする際には、給付金・保険金に対して税金がかかるか否か、課税される場合には負担する税金の額も理解しておくことが大切になります。
ひと言で生命保険と言っても、商品の種類や契約形態には、さまざまなバリエーションが存在します。
それらの条件によって、課税の有無や負担する税額に違いが生じてくるケースも存在しますので、注意する必要があります。

例えば、医療保険の入院給付金、そして就業不能保険の就業不能給付金には、税金がかかりません。
しかし、死亡保険の死亡保険金は、課税対象となっているため、気をつけることが必要となります。
ただ、死亡保険金に高額な税金がかかると、残された家族の生活を保障するという、その大切な役割を果たすことが難しくなってしまします。
そういった事情から、相続人、中でも配偶者が受取人となっている場合、税金の額は低くなるよう配慮されています。

そのように、死亡保険金を受け取る際の税負担を軽減するためには、かかる税金が「相続税」となるような形態で、契約を取り交わすことが大切です。
そのためには、契約者や被保険者、受取人といった言葉の意味を理解しておきましょう。
このサイトでは、生命保険と税金の関係というテーマを採り上げ、詳しく解説します。



【TOPIC】
さまざまなバリエーションが存在する保険の見直しができるサイトです ・・・ 保険 見直し